GAKUDAN_H1TOR1 / H1TOR1-GOTO

ラップ/料理/映画/トランスフォーマー/備忘録…宮城県石巻市在住のラッパー。

VAPEに切り替えて丸3ヶ月経った訳だが

f:id:GAKUDAN_H1TOR1:20180329225633j:image

本体:JUSTFOG FOG-1 0.5Ωコイル

常飲リキッド:XLVAPOR REDBULL/XL MENTHOL 3:1でブレンド

 

去年末からVAPEに切り替えたんですけど、今のところタバコ吸わないで済んでます。ベロベロに酔っ払った時とか用で復興バーには一箱隠してあるんですが、ホントに「予備」みたいな位置付けなので、「ないと死ぬ!」とかではないです。

 

禁煙、というと禁酒や禁欲みたいに「欲望を押さえ込んで我慢してる」的なニュアンスに感じられて俺的には不本意なので、離煙、という造語を使って行きたい所存です。別に喫煙やタバコが悪いもんだと思ってる訳じゃないしね。付き合い方が変わっただけ、俺の場合は。貰えるんなら吸いますよ。

 

さて、VAPE3ヶ月経過レポートです。VAPEに切り替えようか検討中、あるいは非喫煙者だけどカジュアルにVAPEを楽しんでみたい、と言う方の参考になれば。

 

まず、ネガティブな事から。下記に3点。

 

1)とっつきづらい

紙巻きタバコは500円玉持ってコンビニ行けば瞬殺で喫煙者にクラスチェンジできる手軽さがあるんですが、VAPEはまず買うこと自体がハードル高いです。

 

実店舗が近所にあればいいんですけどそういうわけにもいかず、ネット通販を漁ってみるも情報が煩雑で目的地にたどり着くまでも一苦労。VAPE本体機種も山のように沢山ありますが、吸引するためのリキッドとなると本当に星の数ほどもあり、どこから手を付けていいのやら。

やっと買った本体も維持管理に手間暇かかるし、トラブルがあっても解決するには自分で調べて診断しなくちゃいけないという、これまた一手間。

僕のVAPE切り替えモチベーションのひとつが経済的な理由だったんですが、リキッドとコイルの相性・吸引ペースによっては寿命2週間のコイルを3日で殺し、維持費が紙巻きタバコのそれと遜色ないという結果に。そこから更に試行錯誤…

はっきり言って、能動的に物事に取り組めない人間には、VAPEは向かないです。

 

2)喫煙者以上に肩身が狭い

家でVAPEキメる分には全く気にならないんですが、外出先でVAPEキメる場合に「これは喫煙所に行った方がいいのか…?」と微妙な悩みが。昨今は喫煙ルームなるヤニ部屋がショッピングモール内にもあったりするんですが、タバコやめたのにわざわざヤニ臭くなりたくないので外の灰皿付近まで歩く羽目に。てかなんだったら灰皿も必要ないんだけど、嫌煙者からすればVAPEもIQOSも紙巻きタバコも全部一緒な訳で。そんな目で俺を見ないでください。確かに煙量多いからただでさえ目立つんだけどね。

 

3)そう、必要以上に目立つのよ

「機関車」と揶揄される煙の量、否が応でも目立ちます。IQOSは逆に煙量控えめじゃないですか。カロリー、糖質、プリン体、なんでもかんでもオフの時代にむしろ過剰にオンしてくる煙量、それはもうちょっとしたボヤだ。

 

ではポジティブな感想。これは一点に尽きます。

 

1)上記3点のネガ要素をひっくるめて「楽しい」

とっつきづらさは、逆に言うと奥深さになります。エアホールの開き方一つで吸い心地も変化しますし、リキッドの配合分量や吸い方の癖を把握してコイルをどんだけ持たせられるか試してみたり、手間がかかるメンテナンスも愛着を深める一つの通過儀礼みたいなもんです。どハマりする人はコイルを手巻きしたり、電圧とかいろいろカスタマイズしてオリジナルを追求していくみたいですし。アレだね、ミニ四駆とかプラモデルの改造、カードゲームのデッキビルド、RPGとかの装備品カスタム要素、そういうのが好きな人にとっては泥沼みたいな世界やで。

しかも運用を間違えなければ基本的に無害なので部屋の中でもガンガン焚いて全然へっちゃらだし、ヤニ臭くないどころかちょっとしたアロマ的な感じだし、子供達も面白がって遊んでくれるし、何より灰皿掃除というネガティヴの極みみたいな行為から永遠に解放されたってのは大きいですよマジで。

あと試算の結果、どうあがいても紙巻きタバコ時代より全然経済的に余裕が生まれる結果になり、本当にありがとうございましたって感じです。

 

という訳だからみんなVAPEに切り替えろ。楽しいぞ。